ドル円リアルタイムチャート(為替)
MACDによるテクニカル分析(90日)

半年間のRSI推移

5年スパン

ドル円の為替レートのチャートを表示しています。 ドル円レートはプラザ合意以降下落し続け、現在は70円台で推移しています。 購買力平価で適正な水準を算出すると65円前後となり、その水準までの下落が視野に入ると考えられます。 外為相場は日本通信の株価推移にも影響しています。
http://kabukacharts.com/zoutannpo.html
ただ、金融庁主導による増税路線が現実化し、ドル円の実質的な売り材料が一般の個人投資家まで認識されたことで、ヘッジファンドによる円高方向への仕掛けは落ち着きました。 円相場も国内の株式相場も外国人による売買比率が非常に高いです。 ユーロ円やポンド円などの通貨ペアの外国人の売買比率は80%を超えることが多いのですが、ドル円は例外で日本人の個人投資家が80〜90%の売買比率を握っています。 そこを狙ってヘッジファンドが経済指標発表時に合わせて仕掛けを入れることが多いです。
http://www.philosophers-today.com/hibi-kouhyou.html

特に為替相場では数字(レート)そのものが持つ意味合いが経済指標と比較して重要であり、時価が市場の正確なコンセンサスなのです。 外為レートの予想は数ある投資商品の価格予想の中でも最も難易度が高いといっても過言ではなく、普段の値動きはランダムウォークに少しの需給要因(実需)とテクニカル要素を加えたような複雑なものです。 テクニカルトレードに長けた業界人でもノイズの多さと新たなチャートパターン示現、変化と材料の消化ケースの多さに辟易してしまうほどの市場です。
http://www.crh-sete.org/hibikouhyou.html