NYダウCME先物のリアルタイムチャート
ダウ平均日足チャート
月足チャート

ポイント・アンド・フィギュア

NYダウ30種平均 ナスダック S&P500
NYダウは米国の経済誌発行会社ダウ・ジョーンズ社が算出しているアメリカの代表的な株価指数です。 ゼネラル・エレクトリックやIBMなど世界的な知名度を誇るコングロマリットが多く指数組み入れ銘柄として採用されています。
http://www.crh-sete.org/hibikouhyou.html
Dow Jones Industrial Average は工業株を30種採用しているということになっていますが、実際にはアメックスなどの金融業者やマクドナルドなどの食品、ファイザーなどの製薬会社も組み入れています。 史上最高値は2007年10月9日につけた14,164.53ドルであり、原油価格の上昇と住宅バブルを背景に上値追いの展開となっていました。 直後からはサブプライムローン問題が長期にわたって強力な売り材料となり、2008年にはザラバ中に10%を超す下落幅を記録しています。
http://www.philosophers-today.com/hibi-kouhyou.html

サブプライムショックや欧州金融危機、ギリシャ債務危機などを乗り越えて、ダウ平均とナスダックは過去最高値を更新する勢いで値を戻しています。 一方日経平均はというと満足なリバウンド幅も出さずに下値を探る展開となりました。 最高値を更新するモメンタムの恩恵を受け、ようやく日本株は底入れの機運が高まっているという状況です。 このまま世界経済が回復するならば、株価の回復が出遅れていると認識され、買いが集まる可能性があります。
http://kabukacharts.com/zoutannpo.html